KINEMAtograph

Inception - エレベーターでふわり

昔アニメに出てきた、宇宙をゆく補給戦艦がちょうどこんな感じだった。眠りこけた人間たち。彼らは紐でぐるぐる巻き束ねられて、ホテルの廊下の空中に漂う。ホテルは無重力空間になっていて、宙をすーっとゆっくり、無抵抗に進む。やがて彼らは眠ったままエレベーターに格納される。船が宇宙ステーションへ入っていくみたいに。

ふいにシーンは切り替わって、キューブリックの2001年の骨を投げるときみたいなスローモーションで、白いワゴン車が落ちていく。車両が橋下の川へ向かって、真っ逆さまに下降する最中だ。映像はもうほとんど止まっているかのような速度で、ゆっくり進む。ワゴン車の中にはやはり眠りこけた人間が下降する車内で無重力状態に置かれていて、髪の毛が逆さになって揺れている。

ふたつの映像は何度も交互にカットバックされる。このふたつの無重力状態には物語上の関係がある。つまり落ちていくワゴン車で寝ている人間たちがエレベーターの夢を見ているため、実際に落ちていく体験が夢のシーンに反映して、エレベーターのシーンもまた無重力状態になるという話。巧みで、惹きこまれて見た。

これらのシーンは観客の経験を強く呼び覚ますだろう。寝ているときのベッドの状態が夢に反映するようなことはみんな覚えがあるはずだ。すきま風が寒い夜に雪山の夢をみたり、おねしょをした日にお風呂の夢をみたり。それからエレベーターを見るだけで僕らはあのフワっとする体験を思い出すだろう。さすがに車に乗って橋から落ちたことがある人は珍しいかもしれないが、あの超低速のスローモーションを見れば、重力(体験)に異変が起こっていることをたやすく感じられる。これらの映像の断片はどれも観客が経験から感じられるからとてもリアルだ。

それらはいわばどれもありふれた断片だ。しかし映画として編集され、ふたつのシーンは見事に結びついた。無重力の身体的記憶を呼び覚まされた観客は、カットバックのリズムによって、ふたつのシーンの空間と時間がまさに一致した映像体験をする。夢を見ながら下降していく感覚がよく伝わったし実に新鮮な映像体験だった。

インセプション予告編

2010年7月23日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

[2010米 148分][邦題]インセプション[監督]クリストファー・ノーラン[製作]エマ・トーマス/クリストファー・ノーラン[製作総指揮]クリス・ブリガム/トーマス・タル[脚本]クリストファー・ノーラン[撮影]ウォーリー・フィスター[プロダクションデザイン]ガイ・ヘンドリックス・ディアス[衣装デザイン]ジェフリー・カーランド[編集]リー・スミス[音楽]ハンス・ジマー[出演]レオナルド・ディカプリオ/渡辺謙/ジョセフ・ゴードン=レヴィット/マリオン・コティヤール/エレン・ペイジ/トム・ハーディ/キリアン・マーフィ/トム・ベレンジャー/マイケル・ケイン
Kinema | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
※スナップショット画像、Amazon商品画像など、すべての画像の無断複製・転載を禁ず。

光と影の「話の話」 ノルシュテイン&ヤールブソワ

ロシアの文学作家と言えば、ドストエフスキーにトルストイ、「外套」を書いたゴーゴリ、映画作家と言えば、エイゼンシュテインにタルコフスキー、どれもこれも生真面目で重苦しく、寒々しいというイメージが付きまとう。このノルシュテイン&ヤールブソワはその伝統的ともいえるロシア作品の体質を受け継いだ、正当派ロシアの作家といえる。オオカミの絵に惹かれてつい足を伸ばした今回の展覧会では、代表作「話の話」、「外套」などの短編アニメーション映画を、おびただしい数の原画と共に鑑賞することができる。

「話の話」はオオカミのこどもを中心としたエピソードに、作家の幼少体験のような場面を詩的に羅列したアニメーションである。繰り返し重なり合う同質テーマのモンタージュにより全体を大きく作り上げているが、特に秀逸なのはルーベンス、レンブラントらのフランドル絵画における「明暗法」を彷彿とさせる演出である。 「光の廊下」という題材では、こどものオオカミが真っ黒な森の中に1点輝く光に憧れる美しいシーンが描かれ、また「真昼」という題材では、地平線に浮かぶ家族の肖像と手前にそびえる真っ暗な丘の影、その向こう側に眩いばかりの真っ白な光の対比を見事に見せてくれる。ここでの光とは得ることの出来ない幸福であり、影とは孤独、寒気、惨め、暗黒であり、すなわちそれは「今」を示す。

「外套」は高校生くらいの時に本で読み、淡々とコートのボロさを書いているだけの内容ながら、どんどん寒さと孤独を感じ怯えたという記憶がある。このアニメーションでもその衝撃的な感覚をそのままスクリーンに描き出しており、終始寒気とえもいわれぬ寂しさを感じずには居られない。なによりここでも「明暗法」がふんだんに活用され、暗闇の中に光るロウソクの光と、そこで寒さ故にほとんど動かない老人アカーキーの指使いが事細かに描かれており、その表現力には圧倒される。破れ掛かったコートの穴を探す仕草や、毛布にくるまって横になるところも闇の中での光の動きが素晴らしかった。小説同様、暗闇、老人の憂い、もの悲しさ、そして死と常に隣り合わせの極寒が計り知れなく伝わる作品である。

そのほか上映はしていないものの、童話の「きつねとうさぎ」や「霧の中のはりねずみ」など動物を扱った可愛らしいものから、「25日−最初の日−」などの革命を描いた純ロシア的な作品までその原画と、映画に基づいたコラージュやマケットが惜しみなく展示されている。日本はもとより、フランスともチェコともひと味違う特異なアニメーションが体験できる貴重な展覧会である。

神奈川県立近代美術館・葉山館 

「話の話 Tale of Tales」ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ 2010年6月27日まで開催

Kinema | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
※スナップショット画像、Amazon商品画像など、すべての画像の無断複製・転載を禁ず。

先読み「アリス・イン・ワンダーランド」

---
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
¥ 3,618
(2010-08-04)

JUGEMテーマ:映画

日本に先駆けて上映されたティム・バートン×ジョニー・デップ最新作「アリス・イン・ワンダーランド」を鑑賞。ストーリーは変われど毎回やってることは同じなので、このタッグもそろそろ飽きたなと思ったのは私だけだろうか。結論から言えば、この少し前に観た「Dr.パルナサスの鏡」やたまたま思い出して観たロイ・アンダーソン映画が、私にとって面白すぎたので、少々物足りなさを感じた当該作品である。

物語は19歳に成長したアリスが昔体験した不思議の国の夢を見て、再びうさぎさんに出逢うところから始まります。平和だった森には赤の女王が完全悪として存在し、森の住民は恐怖におののいている。そこへ巻物に描かれた伝説の少女(この辺がどうもナウシカっぽい)が現れてドラゴンともどもやっつけるという内容。この展開どっかで見たなぁという程度の「新しいストーリー」。

映画の世界に頻出する「新たに創られた未来」は、たいてい原作のテイストとは異なってくる場合が多く、これもその例に漏れない。なにも続編にしなくても新しい「古き良きアリス」で良かったのではと思わされるが、辛うじてファンタジー色の強かった各キャラクターとディズニーらしい可愛い演出に救われている。英語もブリティッシュなので何も考えずにポップコーン食べながら楽しめるという点で評価しよう。

それはそうと、今回は思い切ってIMAXシアターで3D鑑賞した。アリスが穴に落ちるところやドラゴンとの戦いなどなかなか迫力があって見応えがあったが、スクリーンの広さに酔ってしまって、ちょっと画面がうねると気持ち悪い感覚にもなる。それでもこの臨場感は体験する一価値があり、3D映画の魅力の幅を広げる材料にはなっているはずだ。

折角見るなら3Dでという方には、さらにIMAXでの鑑賞をオススメ。逆に通常のスクリーンで3Dを見るくらいなら3Dじゃない方が映画として魅力的だ。それだけまだ3Dは子供だましに過ぎないし、映画を3Dで観ることの意味が見つからないから。アリスしかり、アバターしかり。3Dの為の映画から映画のための3Dになった時、つまりその映画に対し3D技術が不可欠な要素となった時、その価値が見えてくるのかも。

監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ/ ジョニー・デップ/ ヘレナ・ボナム=カーター/ アン・ハサウェイ/ クリスピン・グローヴァー/ マット・ルーカス

2010年4月17日(土)より全国ロードショー

Kinema | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
※スナップショット画像、Amazon商品画像など、すべての画像の無断複製・転載を禁ず。
<< 前のページ [ 1/38 ] >> 次のページ